日本語ドメインの変換方法!PUNYコードとは?

日本語ドメイン名などのアルファベット以外のドメイン名は、
サーバ上では「PUNYコード」に変換されます。

サーバー上に日本語ドメインを設定する場合はPUNYコードで追加登録します。

domaingazou

日本語ドメインを取得し、サーバーでドメインの追加設定を行ったけど、

「ドメインを正しく入力してください」

何回入力しても設定できない・・・なんで!?(><)

 

よく調べたら、
日本語ドメインはPUNYコードでサーバー上にドメイン登録しましょう!
って書いてありました。

PUNYコードってなんだろ?調べました。

 

PUNYコード(ピュニコード)とは
英数字以外の言語で入力された文字列を、既存のDNSサーバーでも扱えるようにするには英数字コードへと変換が必要です。
例えば「ほげ・モゲ.jp」という日本語ドメイン名は、PUNYコード変換後は「 xn--18j4d8g9gqe.jp 」というドメイン名になります。

 

なるほど!じゃあ、どうやってPUNYコードに変換するの?

こちらのサイトが便利ですよ(^^)

 ⇒PUNYコード変換・逆変換はこちら

これでドメイン登録はバッチリです!

 

ちなみにドメイン登録はお名前.comがおすすめです。

管理画面が見やすく、ドメインの自動更新もあり、
さらにはグループ分けもできて複数のドメインを管理がしやすいです(・∀・)

キャンペーンやセット割などを使えば、お財布にも優しいんです♪
愛用しています(笑)

私みたいにHTMLサイトを量産するならお名前.comがおすすめです。


 

【MOMOTA式アフィリエイト講座】のご登録はこちら

MOMOTAメルマガ
↑ 詳細はこちらをクリック ↑

正しい手順で、確実に成果が上がるノウハウを手に入れたいと思いませんか?

このメール講座では、僕が成果を上げ続けているノウハウと、その実践手順、思考法を赤裸々に暴露していきます。

メルマガ特典として『MOMOTAが月100万円稼ぐまでの道のりとノウハウ』を無料プレゼント中!


氏名 
メールアドレス 

コメントを残す